美しいハードリング!陸上ハードルの魅力

目次

陸上ハードルの魅力

陸上競技好きのみなさん、こんばんは(^^)/
今宵はおそらく体育の時間にやったことのある『ハードル走』についてのお話です♪

私:陸上バカは、高校時代にハードルも一度だけ出場したことがあります(‘ω’)

はい。結果はというと・・・なんと18秒〇〇←ここ忘れました( ;∀;)

練習ではそこそこ行ける手ごたえはあったんですが、1台目の入りが逆脚になってしまい、それはそれは散々な走りになってしまいました・・・。
苦い思い出です。

ということで、自分自身はハードルの技術は専門の人に教えることは難しいですが、見るのは大好きなので、魅力はお伝え出来ます(^^)

近年、日本のレベルが急激に上がってきました♪
これはまさにハードルの当たり年や~!!

ちなみに、ハードル走は男子110mH、女子100mH、400mH(男女)となっています。
※H=ハードルです。

ハードルは、競技者の年代によって高さやインターバル(ハードルとハードルの距離)が決められています。

一般男子110mH:高さ1m067、インターバル9.14m
400mH:高さ91.4cm、インターバル35m

※日本陸連ホームページより引用

一般女子100mH:高さ83.8cm、インターバル8.5m
400mH:高さ76.2cm、インターバル35m
こちらのイラストの方がわかりやすいですね(‘ω’)
ちなみにイラストにもありますが、ハードルの高さ・・・けっこう高いです( ;∀;)
実際、中学生の走高跳の授業で、1m00cmを跳べない子ってたくさんいます。
男子の110mHの高さは106.7cm!!
それを全力で走りながら10台跳び越えます。
男子の日本記録は13秒25!!
※選手は下記で紹介します。
110mも走って、1m067cmの高さを10台跳び越えて13秒25ですよ?
怪物です、まさに・・・。
ハードルを跳び越える技術・・・
それこそがまさにハードルの魅力が詰まっているところです!!

2018~2019年はハードル当たり年

近年日本のハードル走のレベルが上がってきたことは先ほど書きましたが、現状どんな感じになっているかというと・・・
まずは男子から(‘ω’)

日本記録は13秒25・・・
高山峻野(たかやましゅんや)選手(ゼンリン所属)が2019年8月に樹立しました!

ちなみにこちらの高山選手、アベレージが非常に高い選手です。
13秒25の日本記録を筆頭に、13秒29・30・32・36と、日本歴代パフォーマンスTOP5までがこの高山選手が出しています!

日本歴代2番目の選手が13秒36を持つ金井大旺(かないたいおう)選手(ミズノトラッククラブ所属:2019現在)と、泉谷駿介(いずみやしゅんすけ)選手(順天堂大学所属)。

金井選手は2018年に日本記録を樹立しました。

実家は歯科医院らしく、金井選手も歯科医とオリンピックを目指しているそうです!

泉谷選手

この泉谷選手、ハードルだけでなく100m・走り幅跳び・三段跳びもこなすマルチな選手です。
しかもそのほとんどが日本トップレベル!!
自己ベストは100m:10秒37
走り幅跳び:7m92
三段跳び:16m08
※2020年3月現在のデータです。
しかもまだ20歳!!
今後の活躍を期待せずにはいられませんね( *´艸`)

女子も負けていません!
寺田明日香(てらだあすか)選手が2019年9月に、19年ぶりに日本記録を更新&日本女子初の12秒台に突入しました!

寺田選手は2013年に一度陸上競技を引退しています。
その後7人制ラグビーへ転向し、2019年4月に再度陸上競技に復帰されました。
出産を経験され、ママさんアスリートとして日本記録を樹立!!
最高の笑顔ですね(^^)

ちなみに日本の女性ハードラーは美女ぞろい♪(個人的な意見ですw)
この記事の終わりに2019年の日本選手権決勝を載せておきます。
優勝した木村文子(きむらあやこ)選手なんてかなりの美人です(^^)
ファンの方々も多いのではないでしょうか?

ハードルの魅力&技術

ここまでハードル走について紹介してきましたが、ハードル走の魅力や技術はどんなところでしょうか?
一番の魅力・見どころはやっぱり美しいハードリング(ハードルを跳び越す技術)じゃないでしょうか?
かなり高いハードルをぎりぎりの高さで越えていく選手たち。
どれほど練習されているのか計り知れません。
選手はハードルを跳び越す際、おそらくミリ単位で調節しています。
高く跳びすぎると失速&着地位置がズレ、インターバルの走りに影響が出ます。
また、低く跳ぶとハードルに脚をぶつけ、最悪の場合転倒やケガにつながります。

実際、私もハードルにぶつけたことがありますが、アザができ、とっても痛い思いをしました( ;∀;)
※現在は練習用にぶつけても痛くない『フレキハードル』というものもあります。
中学生や高校生はよく使用していますね(‘ω’)
しかし、一昔前に『ハードルなぎ倒し男』と呼ばれたアレン・ジョンソン(アメリカ)という選手がいました。

彼はハードルを倒して通過することを得意としており、1996年のアトランタオリンピックでは金メダルを獲得しました。
このギリギリを攻める技術は半端ないですね( ゚Д゚)

ちなみにハードルは倒してもルール上は問題ありません。
『故意』に倒した場合は失格となりますが・・・

ということで、魅力はハードリングですね♪

技術はというと・・・
①スタートから1台目の入り方(歩数など)
私はこれで失敗し、残りの9台が悲惨なことになりました。

②ハードリング技術
跳び越す高さもそうですが、ここには股関節の柔らかさや抜き脚(踏み切った方の脚)の形、リード脚(前になる脚)の出し方、着地などを含めてハードリングといいます。
着地は、リード脚を素早くハードル付近に降ろします。
実際に速い人と遅い人(失礼な言い方ですが・・・)の着地を見てみてください。
速さが全然違います。

③インターバルの走り方
背の高い人は本当に狭そうに走りますね。

④フィニッシュ
ハードル選手のフィニッシュは、本当にゴールに飛び込むような形です。
よく勢い余って転倒する選手もいます。

ざっとこんなところでしょうか?
技術と魅力はお伝え出来ましたか?

終わりに

2020年東京オリンピック、新型コロナウイルスの影響で延期が決定しました。(3月現在)
2021年に実施の予定ですが、『完全な形での実施』という意向があるようです。
一番気になるのはやはり選手の状態。
陸上競技の選手はピークが比較的早いので、どうなるのか・・・。
選手ファーストで・・・と言いますが、これから選手選考はどうなるのでしょうか?
2020年の試合を見て・・・ということにもなりますが、そもそも国内の競技会が実施されるのかまだわからない状況です。
観戦者としては、早く新型コロナウイルスの脅威が無くなり、選手が最高のパフォーマンスができるようになってほしいと願うばかりです。

陸上競技に携わる方々、感染には十分お気を付けください!
そして、陸上競技を通して日本や世界が元気に、活気のあふれる世界になってくれることを願っています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる