学校9月開始案~元教員による主観~

連日新型コロナウイルスで日本の情勢が目まぐるしく変化していきます。

日本全国で緊急事態宣言が出され、ほとんどの学校が臨時休校となっている現状です。

学校再開に至っては、GW明けの5月7日案や6月に入ってからなど、現在の状況は様々です。

そんな中、日本も外国のように『9月にスタート』案が出されています。

これについては賛否両論がありますが、都知事などは「こういう時にしか社会は変わらないんじゃないか」と答え、9月入学案に賛成している様子です。

私自身、教員として学校現場で働いている時期もありましたが、正直なところ『勘弁してほしい・・・』というのが本音です。

この新型コロナウイルスの影響により、今の学生はとてもつらい思いをしています。

「授業がなく学習ができない」

「友達と会うことができない」

「インターハイや全中が中止になり目標を無くした」

「夏休みが短くなりそう」

様々な思いを受け止め、今の学生にとってはどういう措置が一番ありがたいのかはわかりません。

9月スタートにすることにより、救われる学生は大勢いると思います。

では9月スタートにすると、どのような課題があるのでしょうか?

目次

社会全体で共有できるのか?

日本では4月を『新年度』としています。

企業においても新入社員は4月に勤務が開始されています。

日本は四季の変化が美しく、桜が咲き誇る季節を新たなスタートとして捉える風習があります。

さらには、日本人は『変化する』ことをあまり好まない人が大勢います。

9月入学となると、卒業は8月になるのでしょうか?

様々な場面で混乱することが予想されます。

すでに日本は混乱している状況ですので「今年から9月開始」という案が急浮上してきました。

文科省は「検討に入る」としていますが、そもそも「今年から9月開始」は無理だと思います。

すでにスタート(入学式が終わっている)している学校も多数あります。

これから検討・議論を繰り返して、はたして9月に間に合うのでしょうか?

確実に間に合わないと思います。

学校で対応できるか?

学校現場では『年間計画』を前年度から練っていきます。

何度も職員会議で議論を重ね、次年度の開始に間に合うように計画を立てていきます。

今年9月開始となると、計画全てが練り直しになるうえ、先の見通しが立たないことが現状の課題です。

新型コロナウイルスの影響で、様々な行事が延期されています。

運動会・修学旅行・文化祭・夏休み等の長期休業・卒業式

実際に今年度、いくつの行事を行うことができるのか・・・

すでに2月ほど臨時休校になり、行事だけではなく学習内容も削っていかなければならない状況です。

それらをふまえると、9月開始になればすべてできるとは思います。

9月開始になると、最初からすべてを考え直さなければなりません。

前回の記事で、現職教員の大変さをお伝えしましたが、変化を起こすのであればそれに対応することも必要となります。

時間外労働時間の削減が言われ続けている中、急ピッチで変化に対応していくことは非常に難しいです。

部活動の大会日程

先日、全国中学総合体育大会(全中)・全国高等学校総合体育大会(インターハイ)の中止が決定されました。

これら学生にとって最高峰の大会は、両大会とも8月に行われていました。

もし今後学校の入学式が9月になると、全中やインターハイは時期をずらしていく必要があるのではないか?

8月中は卒業後になるのでしょうか?

5月や6月に全中やインターハイを移動させるか?

予選はいつ?

今まで通り4月スタートでは、インターハイの県予選は5月頃、近畿大会や関東大会などの地方大会は6月頃です。

5月や6月に全国大会を開催するのであれば、予選が2か月前・・・3月や4月に予選になる?

寒い時期にガチの勝負・・・怪我のリスクが高すぎます。

いっそのこと、部活動を無くしてしまえばいいんじゃないかという案もありますが、部活動が学校で最大の魅力であると考えている生徒も少なくありません。

実際にインターハイや全中が中止決定された時のニュースで、様々な選手から悲痛なコメントが各方面に届いています。

やはり部活動を完全になくしていくことはできないのではないでしょうか。

部活動に対して、世間でも教職員内でも意見は分かれます。

新型コロナウイルスが流行する前からも部活動については賛否両論あってぐらいですので。

個人的見解

様々な課題を考えていくと、改めて『9月開始案』は厳しいと感じました。

私程度の人間が考えていることは、誰でも考えられることです。

今後の日本の情勢を見ながら議論されていくことと思いますが、ぶっちゃけ『今年から』というのは無理だと思います。

都知事は「こういうときにしか社会は変わっていかないのではないか」と述べていますが、『今』変えていく余裕が日本にあるのかどうか・・・。

私は9月開始ということを否定しているわけではありません。

『今年』というところは賛同できないと考えているだけです。

日本(世界)が新型コロナウイルスの脅威に打ち勝ち、経済面でも健康面でも情勢が好転してきたらまた議論してほしいということが私の意見です。

もちろん賛否両論あると思いますが、今とにかくするべきことは『感染者を増やさない』ことです。

人命が何より大切。

一人一人が命を守る行動を取っていきましょう!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる